×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

金属アレルギー

金属アレルギーの原因

ある物質がアレルギーの原因となるかどうかは、個人差があります。
何でもない人もいれば、ひどいアレルギー症状を引き起こしてしまうこともあるのです。
金属アレルギーも同じようなものです。
アクセサリーなどを着けると、皮膚がかぶれてしまう人がいます。
これが典型的な金属アレルギーの症状となります。
直接的な原因は、金属が汗と反応してイオン化することによって発症します。
体内に取り込まれてタンパク質と結合します。
これを体が排出しようとして、アレルギー症状を起こすのです。
金属アレルギーは他のアレルギーと同じように、症状が出た時に治療することはできますが、アレルギー反応自体を抑えることは難しいようです。
体質が金属アレルギー体質となってしまっているのです。
指輪やピアスをしている人は、夏場の汗をかく時期に注意しなければなりません。
また、金属の種類によって、アレルギーの起こり方が異なります。
できることならば、金属アレルギーを引き起こさない材質のアクセサリーを身に着けるようにしましょう。
最近は、金属アレルギーの認知度が高くなりましたから、ジュエリーショップなどでも金属アレルギー体質の人のための商品が出回るようになりました。
セラミックやチタンを使用することで、金属アレルギーを防ぐことができるのです。
アレルギー性皮膚炎が一番起こりやすいのはニッケルです。
汗には塩素イオンが含まれており、ニッケルを溶かしてしまうのです。
コバルトやクロム、亜鉛、銅などもアレルギーを起こしやすい金属です